サラウンド番組制作
HPLサラウンド番組制作
HPL MA作業

ミキシングコンソールで通常のMA作業を行う中、5.1ch等のサラウンド素材をRA-6010-HPLプロセッサーへ送ります。

RA-6010-HPLでは入力chモード(5.1ch等)を選択するだけ。

ミキシングコンソールにHPLバイノーラル変換された2ch音声が遅延なく返ります。

あとは他のフォーマット同様ラウドネスを調整すれば完成です。

主音声は5.1ch、副音声はHPLバイノーラルと言った構成のテレビ番組や、ヘッドフォンやイヤホンでの受聴がメインとなるインターネット配信では、HPLを主音声としてリスナーがスマホでもイマーシブなサラウンド体験が可能となる、そんな充実した番組制作が行えます。

-番組事例-

第17回 ヴァチカン国際音楽祭 (WOWOW) 

826aska VR Live (中京テレビ放送)

萬福寺音舞台2016(毎日放送)

ササシマMUSIC BASE(中京テレビ放送)

今夜もオトパラ!(ニッポン放送)

5.1ch素材を例にしたMA作業時の音声信号フロー