​スポーツ中継

マイクを11.1chにアサインした例にした音声信号フロー

サラウンドが有効なコンテンツの一つは何といってもスポーツ中継です。

観客の歓声を立体的に表現することで、リスナーにこの上なく臨場感ある疑似スポーツ観戦体験を提供できます。

野球中継を例にすると、左の絵の様に球場内の各マイクと実況音声を11.1ch(7.1.4)サラウンドに割り当て、入力chモードを11.1chにしたRA-6010-HPLへ送るだけ。

ミキシングコンソールにHPLバイノーラル変換された2ch音声が遅延なく返ります。

HPLのバイノーラルプロセッシングはスピーカー再生も考慮されているため、主音声として放送することもできます。2スピーカーでも通常より空間の広がりを感じる事でしょう。

もちろん副音声をHPLバイノーラルとする構成も良いと思います。

ヘッドフォンやイヤホンでの受聴がメインとなるインターネット配信では、HPLを主音声としてリスナーがスマホでありながらもイマーシブなサラウンド体験が可能となる、そんな充実した番組制作が行えます。

-番組事例-

プロ野球ショウアップナイター2018(ニッポン放送)

第96回全国高校ラグビー決勝戦(毎日放送)

© 2019 by ACOUSTIC FIELD INC.

  • Facebook
  • ツイッター
  • SoundCloud