HPL Processing

 
ABOUT

HPL (HeadPhoneListening)は

2chステレオから22.2chサラウンドと言ったあらゆるサウンドフォーマットを

ヘッドフォン&イヤフォンで体験することができる

特に音楽再生を考慮した高音質バイノーラルプロセッシング技術です。

 

従来の演出的なバイノーラルプロセッシングとは異なり

スタジオにおいてスピーカーモニタリングにより整えられたサウンド(=作品)を

出来る限りそのままリスナーの耳へ届けることを目的とし

色付けや音色変化を生むような信号処理を行わないことで

高音質なバイノーラルサウンドを実現しています。

ヘッドフォンでの音楽リスニングにおいてなぜバイノーラル化が必要なのか?

スタジオのスピーカーでモニタリングしミックスした音楽を

ヘッドフォンやイヤホンでそのまま聴くとこのようなになります。

音楽を聴く際にスピーカーは真横に置いたりしませんよね?

 

もしその様に配置してしまうと、センターの音が中抜けとなり

且つ極端に左右へ開いた音場となってしまいます。

バイノーラルプロセッシング技術は

ヘッドフォンやイヤホンでスピーカーの定位を実現することができます。

HPLはそのスピーカー定位を極力色付けや音質劣化を抑えた上で実現し

本来のサウンドをヘッドフォンやイヤホンに再現しています。

2chはもちろん5.1chも。

7.1chや9.1ch、そして22.2chでさえもです。

 

それによりもたらされるものは2つ

 

「誰もがサラウンド作品を気軽に楽しめるようになる」

「エンジニアのサラウンド制作をサポート出来る」

 

この2つです。

 

放送、配信、音源制作、インスタレーション、etc

HPLプロセッシングはより良い音環境を提供します。

●番組や音楽制作用のHPLプロセッサー開発に

●ミキシングコンソールのヘッドフォンサラウンドモニター機能に

●制作用ソフトウェアのバイノーラルプロセッシングに

 
WORKS

サラウンドを「作る」

スピーカーを設置しづらい環境下でのサラウンドモニターとして

HPLプロセッシングによるヘッドフォンミックスは

制作現場において実際に役立っています。

サラウンドを「聴く」

22.2chまでのサラウンド音声をリアルタイム変換し

テレビやラジオ放送、インターネット配信など

積極的にリスナーのもとへサラウンドを届けています。

HPL音源ジャケット
ハイレゾ音源制作
HPLサラウンド番組制作
サラウンド番組制作
HPLスポーツ中継
スポーツ中継
HPLサラウンドライブ
ライブ・舞台​
HPL 22.2ch制作
22.2ch
HPL VR
VR
 
PRODUCTS

RA-6010-HPL​ (Airfolc社製)

業務用HPLプロセッサー

2chから22.2chまでの入力信号をリアルタイムに

バイノーラル処理し、2chで出力。

​詳細はこちら

https://www.acousticfield.jp/airfolc-ra6010hpl

HPL2 Processor Plug-in (free)

2chをリアルタイムにバイノーラル処理し

ヘッドフォン再生に最適な2chで出力。

​ダウンロードはこちら

https://www.hpl-musicsource.com/software

 
CONTACT

© 2019 by ACOUSTIC FIELD INC.

  • Facebook
  • ツイッター
  • SoundCloud